介護とリハビリ

今まではリハビリというと病院内部だけの仕事というイメージがありましたが、高齢化が加速してきている現在では、高齢者施設での仕事も理学療法士の大事な仕事になってきています。介護老人保護施設や特別養護老人ホーム、デイサービスも含めてさまざまなところで活躍していくようになりました。機能回復といったことではなく、現状の機能を維持していく機能維持が大きな目的になるところが、ほかのところとは違った特徴です。

機能維持をしていくことで、衰えのスピードを緩め、生活に対する負担も減らしていくことができます。筋力の低下も押さえることで、怪我や病気のリスクも下げていくことができ、精神的にも負担が減ってくるでしょう。実際にリハビリを計画し、おこなうだけではなく他の人に指導するのも仕事です。

リハビリということでは、その施設にいかなければ受けることができなかったことは大きなネックでした。そこで、訪問リハビリというかたちも増えてきており、理学療法士の活躍の場を広げたともいえるでしょう。申し込みのあった自宅へ訪問してリハビリをおこなっていくことになりますが、基本となるのは日常生活に対する動作訓練です。家族などもいれば、一緒に指導を見てもらい、提案などもおこなうことで、負担を減らしていくことになります。介護用品の利用方法などの指導も大事な仕事になるでしょう。