急性期と回復期病院

さまざまなところで理学療法士は活躍していくことになりますが、急性期病院での仕事は少し違う側面を持っているといえます。リハビリをおこなっていくことになりますが、急性期病院ということで、受傷直後といったケースが増えるからです。

障がいの原因がわからなかったり、怪我が治っていなかったりする状況からスタートしていきますが、できるだけ体の負担が増えないようにしていきます。運動機能を失わないようにすることで、寝たきりになってしまうリスクを減らし、体力や筋力の低下も防いでいくことになるでしょう。これが精神的に支えになることも出てきます。理学療法士だけでは対応できない分野でもあり、医学的な知識を持ったチームで計画することになるでしょう。

回復期病院になると、リハビリということが中心に変化します。機能回復と動作改善という部分になってきますが、症状が落ち着いていても、障がいが残ってしまっているような状態でもあり、自宅での生活が困難といったことも出てくるでしょう。回復期病院では、筋力のアップを狙ったり、動作練習をおこなったりすることによって、日常生活に支障をきたさないようにしていきます。利用者の状況ということだけではなく、生活環境を把握しながら、本当に必要になってくるリハビリは何かを考えていくのも仕事になっていくでしょう。