リハビリの種類

理学療法士の仕事の中でも重要になってくるのが、運動療法でしょう。リハビリということでは、もっともイメージしていくことになる部分です。実際に運動をしながらおこなっていく方法で、身体を動かすことによるメリットを活用しているといえます。関節域を広げたりすることもできますし、実際に筋力をつけていくことで、日常生活に支障がないようにすることも運動療法の重要なポイントになってくるでしょう。麻痺などがある場合にも、歩行訓練などをおこなっていくことで、少しでも機能を取り戻していくことを目的としていきます。

運動療法と比較して、刺激を与えていくことによって機能回復や痛みの軽減を目指していくのが物理療法です。さまざまな方法がとられるようになってきましたが、温熱や冷感療法はよく知られたところになるでしょう。さらに、水や電気、紫外線を使った方法も出てきていますが、どの方法でも薬物を使った療法とは異なります。

運動療法でも物理療法でも、医療現場でおこなわれているところが特徴です。さまざまな医療従事者とともに、チームとしての連携が多くなってくるでしょう。協調性が必要となってくる仕事でもあり、その中でリハビリをおこなっていくことになります。